研究会概要

設立年 1962年

所在地 〒903-0213沖縄県中頭郡西原町千原1番地

代表者 会長 上野 正実(琉球大学 名誉教授)平成22年~

会員数 約150名 賛助会員17社(2019年8月現在)

【このような活動を行っております】

  • 年次大会の開催 年1回(8月)
  • 会誌「沖縄農業」の発行 年1~2回
  • 生産技術セミナーの開催 随時
  • 沖縄関係文献目録の発行 10年毎(Ⅰ Ⅱ Ⅲ 既刊)
  • 研究受託業務
  • その他、記念事業など

本研究会は沖縄の日本復帰前前1962年(昭和37年)に沖縄農業研究の再建、生産技術向上とその発展を目指して、当時の関係者がお互いの研究成果を持ち寄り、発表・討議の場として強い使命感と情熱をもって設立いたしました。この間、機関誌の発行63巻、会員数約150名、賛助会員数約17社に達し、微力ながらその役割を果たしてきたと自負しております。

現在、農業構造の大幅な変化に対応して農業基本法が改正され、その実現に向けて具体的な取り組みが要請されるとともに、持続可能な農業技術の開発が求められています。沖縄においては最近さとうきびの大幅減収傾向、園芸農業の構造的見直し、熱帯果樹などの安定的拡大、されには沖縄振興策への農業部門の対応など農業振興に関する重要課題が山積しております。

本研究会は21世紀の沖縄農業の展開方向を模索し亜熱帯農業の確立を目指して、従来の機関誌「沖縄農業」の内容を研究発表の役割に加えて、沖縄農業に関する論説、新技術・研究室の紹介、研究・行政情報の提供など農業現場の役に立つ会員相互の学術情報総合誌としての内容に改め、定着しつつあります。またシンポジウム、生産技術セミナーなどの事業活動もこの主旨に沿って実施しており、情報交流サロンとなっております。

事務局所在地 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地琉球大学農学部内

【Okinawa Agriculture Research Society】Nisihara, Okinawa, Japan

TEL / 098-895-8770